静脈内鎮静法とは|千葉市稲毛区小仲台でインプラントを行う歯医者 鈴木歯科医院 

静脈内鎮静法とは

寝ている間に治療がおわるため
痛みを感じさせない「静脈内鎮静法」

痛みや恐怖を感じさせない麻酔医による「静脈内鎮静法」

歯科治療に対し恐怖心をおもちの方や、パニック障害を患っている方にとって、歯科医院で治療を受けることは非常にハードルが高いことです。しかし、虫歯や歯周病などの症状があるにもかかわらず相談できずにいると、病状が進行してしまうという悪循環に陥ります。
歯科治療に強い恐怖心をおもちの方が安心して治療を受けられるよう、当院では静脈内鎮静法を採用しています。静脈内鎮静法は点滴による麻酔の一種で、鎮静剤を徐々に投与することで恐怖や不安を感じない状態とします。緊張が解けるので、我慢することなくストレスフリーで治療を受けられます。
パニック発作などでお悩みの患者さまには静脈内鎮静法を検討させていただきます。安心してご相談ください。

こんな方におすすめです

  • 小さいときのトラウマがあり、歯科治療を受けるのが怖い
  • パニック障害があり、特定の状況に置かれるとパニック発作が起きる
  • 歯科治療中に具合が悪くなり、再び調子を崩してしまうのではないかと不安になる
  • 口の中に異物が入ると嘔吐反射があるので心配している
  • 早く治療を終わらせたい
  • インプラントや歯周病の手術、親知らずの抜歯など、外科的な治療を受ける

静脈内鎮静法の流れ

1静脈に点滴する

腕、または手の甲の静脈に点滴します。注射に対して恐怖心がある患者さまが少しでも気持ちを和らげられるよう、非常に細い注射針を使用することで、痛みを極力抑えることができます。多くの患者さまが「ほとんど痛みを感じなかった」とお話されます。

静脈に点滴する

2精神安定剤を注入する

患者さまの様子を確認しながら、精神安定剤の量を調整して注入します。受け答えを軽くできるくらい意識を残していても、半分眠ったような状態になるので恐怖心がなくなっていきます。患者さまの状態によっては、完全に眠った状態まで調整することもできますので、ご安心ください。

精神安定剤を注入する

3必要に応じ局所麻酔を実施

患者さまが痛みを完全に感じない状態になったら、必要なケースに限り局所麻酔を実施します。生体モニターで心拍や血圧などをチェックし、万が一に体調が急変した際にはすぐに対応できる体制を整えています。

必要に応じ局所麻酔を実施

4治療後は徐々に意識が回復

治療が終わった後は、意識が完全に回復するまでゆっくりお待ちいただきます。およそ30分で治療前の状態に戻ります。治療中の記憶はほとんど残りません。

治療後は徐々に意識が回復
ご予約受付ダイヤル 043-445-7300 24時間診療予約